フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスがパソコンに入れておくべきソフト&アプリ。

フリーランスはパソコンに投資すべきと書きましたが、当然、快適に仕事をするにはソフト&アプリを入れなくてはいけません。

パソコンのソフトは高くても数万円とかなので、惜しまずにお金をかけましょう。今回は、フリーランスで仕事をしていくなら最低限これだけは入れておいたほうがいいと思うものをご紹介します。

Office(Word / Excel / PowerPoint

今でもOfficeはビジネスでの必須ソフトと言えます。

MacではKeynoteやPagesなどの同様の機能を備え、Officeよりも低価格なソフトがあります。また、OpenOfficeというOfficeの簡易版みたいなソフトのネット上で無料配布されています。しかし、互換性の問題などから、やはりOfficeはパソコンにインストールしておいたほうがいいですし、他の人とやりとりするデータはPowerPointExcelで作成するべきです。

「私はパソコンにOfficeを入れていないので…」という言い訳は通用しません。Officeも入れていないような人は、まともに仕事をする気がないとさえ思われてしまいます。このMicrosoftに牛耳られた状況はどうかと私も思うのですが、Officeが仕事にならないのでどうしようもありません。

WindowsパソコンでしたらOfficeがインストールされているものを購入すれば大丈夫ですが、Macだったら2万円台でOfficeのパッケージソフトを購入することになります。独立時の金欠状態のときには痛い出費かもしれませんが買っておきましょう。軌道に乗るまでOpen Officeでしのごうとかは思わないほうがいいです。独立したばかりだとクライアントも数少ないのに、そのクライアントから「こいつOfficeも持ってないのかよ」とマイナス評価をされたらもったいないですから。

LINE

仕事の連絡もLINEですることが多くなりました。やはりメールよりも効率的にやりとりできますし、「既読」マークが付くのも便利です。

しかし、LINEのメッセージをスマホで打ち込んでいると時間がかかります。なので、私はパソコンにLINEアプリをインストールし、キーボードでメッセージを打ち込んでいます。

パソコンでLINEを使うと本当に快適です。一度試してみてください。

Dropbox(もしくは他のクラウドストレージ)

複数のパソコン間でデータを簡単に同期できますし、進行中の仕事のデータをバックアップするのにも重宝します。私は容量が1テラになる有料版(12,000円/年)を契約しています。

Dropbox以外にもいろいろとクラウドストレージはあるのですが、仕事でチームを組む人とデータを共有する際に使われるのは、たいがいDropboxです。なので、有料版を契約するならDropboxがいいでしょう。ただ、独立したてで同時進行する案件がそれほど多くないのなら、初めは無料のベーシックプランを使っていればいいと思います。

圧縮・解凍ソフト

私はStuffit Expanderというソフトを使っていますが、圧縮・解凍ソフトは無料のものがいっぱいあるので、好きなものをインストールしておけばいいと思います。

最近はデータをまとめたフォルダを圧縮してメールに添付するというのが一般化しています。メールにたくさんデータをバラバラに添付すると、「わかっていないやつ」と思われますので注意しましょう。

Google日本語入力

日本語入力システムです。Macだと「ことえり」という日本語入力システムがあらかじめインストールされていますが、「Google日本語入力」のほうが変換を的確にしてくれますし、語彙の数も豊富です。

文章をスムーズに入力できれば、メールを打つ作業なども効率的に行なえます。文章を書くのが仕事の人でなくても、仕事では毎日かなりの文字数を入力しているかと思います。仕事の効率化のために「Google日本語入力」をダウンロード&インストールしましょう。

日本語入力システムでは、以前からATOK(エイトック)が有名でした。しかし、ATOKは有料なのに対し、「Google日本語入力」は無料のため、現在は人気を二分している状態です。

私はATOKよりも「Google日本語入力」のほうが快適に使えます。なので、ATOKに強いこだわりがある人でなければ、無料の「Google日本語入力」をインストールしておけばいいでしょう。


最後に、お金に余裕があればぜひインストールしておきたいソフトです。

Adobe Creative Cloud

IllustratorPhotoshop、Premiere Proなどが利用できるパッケージソフトです。以前は何十万という価格でパッケージプランが販売されていましたが、現在は4980円/月(コンプリートプラン)で利用するクラウドソフトになっています。

これを契約しておけば、紙のデザインをしたり、写真を加工したり、動画を編集したりできます。例えばスマホで撮った写真を編集して自分のホームページにアップすることもできますし、いろいろ遊べるのでCreative Cloudはぜひ契約しておきたいところです。

また、自分で名刺をデザインしたりすれば経費を浮かせることもできますし、知人のお店のチラシやショップカードをつくってあげればお小遣い稼ぎにもなります。

フリーランスになると、ブランディングや宣伝活動は自分でやっていかなくてはなりません。そのため、Creative Cloudを契約しておくと、なにかと活用する機会があります。ただ、月に4980円とそれなりの費用が発生するので、お金に余裕ができてから契約すればいいと思います。


ソフトやアプリを活用することで、パソコンのパフォーマンスを最大限に引き出せます。今回紹介したソフト&アプリを、ぜひインストールし

広告を非表示にする