読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

なぜ、フリーランス(ノマド)には、デスクトップPCとモバイルノートPCの2台体制がおすすめなのか。

フリーの仕事道具 フリーランスの仕事論

私はiMacMacbookの2台体制で仕事をしています。MacWindowsかといったパソコンの選択は、最終的にはその人の職種や好み次第ですが、デスクトップPCとモバイルノートPCの2台を持っておくべきだと私は思います。

ノートパソコンのスペックが向上してきた一時期は、ノートPCだけで仕事をするのが主流になっていましたし、今もノートPCだけという人も多いのも事実ですが、仕事で最高のパフォーマンスで発揮しようと思うなら2台体制にすべきです。今回はその理由について書きます。

まず、以前よりデータの同期が簡単になった

私がフリーランスになった頃は、デスクトップPCとノートPCを使っていると、データを同期させるのが面倒でした。デスクトップPCで作業をし、外出先でその仕事の続きをやろうと思ったら、USBなどでノートPCにデータを移す必要がありました。そして帰宅したら逆にノートPCからデスクトップPCにデータを移さなくはならず、とっても面倒だったのです。しかも、どちらに最新のデータを置いていたか分からなくなることがあり、いちいち見比べて調べることになったりと、2台体制にすることのデメリットがありました。

しかし、今はDropboxなどのクラウドストレージを利用すれば、ネットを使って簡単にデータを同期できます。私はドロップボックスの有料プランに加入しているので、1テラまでデータをクラウド上に預けることができます。1テラもあれば、私の職種なら進行中の仕事のデータをすべてDropboxに入れておくことができるので、デスクトップPCでもノートPCでも常にDropboxに最新のデータが置かれている状態になります。

Dropbox & 2台体制がリスクヘッジにもなる

また、Dropboxにデータを預けておくことで、PCの故障などでデータを失うこともありません。例えば、プレゼンが迫っている企画書を進めているときなどにパソコンが故障しても大丈夫です。Dropboxに最新のデータがちゃんと保存されていますし、パソコンが2台あればもう一台のパソコンで作業を進めることができます。

超軽量のモバイルノートパソコンで身体に疲労を溜めない

私が使っているMacbook(0.92kg)をはじめ、今は1kgを切るノートパソコンがたくさんあります。軽量のノートパソコンを持ち歩くことで、打ち合わせ等が続いて外出が多くなっても疲労が溜まりません。

私も独立時は2kgくらいのノートパソコン(Mac)を持ち歩いていたので、外出が続くと身体が疲れてしまい、作業効率やモチベーションに悪影響を及ぼしていました。軽量のパソコンを持ち、荷物をできるだけ軽くする。そしてリュックタイプの鞄を使うことなどによって疲労を溜めないようにしましょう。

大画面&処理速度の速いデスクトップで作業効率をアップ

一方で、軽量のモバイルノートPCは画面サイズが小さかったり、処理速度が少し遅かったりするのものです。著しく遅いというわけではありませんが、高性能のCPUを搭載し、メモリや容量が大きいデスクトップPCと比べれば劣ります。

そこで、自宅やオフィスでは大画面&高性能のデスクトップPCを使うのです。デザイナーや動画編集を手がける人はもちろんのこと、パワポで企画書をつくったり原稿を書いたりするのにも大画面は重宝します。大画面に資料と原稿を同時に表示するようなこともできるので、作業効率は格段に上がります。ディスプレイを2台並べる「デュアルディスプレイ」体制にすれば、さらにいろんなデータも一度に画面上に並べておくこともできます。

デスクトップPCはモバイルノートPCに比べて長持ちするので、ぜひスペックの高いモデルを購入しておきたいところです。金銭的に余裕がない状態であれば、中古で購入しましょう。デスクトップPCはノートPCに比べて中古の価格がすごく安くなっているので、一度ソフマップなどで見てみましょう。iMacもスペックの高いモデルがお得な価格で販売されています。

ノートPCだけだと、中途半端な一台に

携帯性も作業効率も考慮してノートPCを買おうと、どうしても中途半端なモデルを購入してしまうことになります。そんなに作業速度も早くないし、そんなに軽くもない。そんな一台に落ち着いてしまうのです。

Macであれば、Macbook Proなどのモデルは、性能もそれなりに良いのですが、かなり重いです。外出しての打ち合わせが多いフリーランスがこれを持ち歩くと、身体に負担がかかります。私もギックリ腰になりました。

ただ、会社員の人が自宅で使うパソコンとして購入するにはすごく良いと思います。自宅に置いていても収納性は良いですし、外に持ち歩く機会も少ないと思うので重くても問題ありません。使用用途もインターネットや映画鑑賞がメインなら、13インチや15インチでも十分です。

フリーランスはパソコンにお金をかけるべき

もし今、ノートPCしか持っていないのなら、お金のあるときにまずはデスクトップPCを買いましょう。そして、使用中のノートPCが壊れたときにでも超軽量のモバイルノートPCを新調すればいいと思います。

フリーランスにとって、仕事で使うパソコンは一番お金を投資すべきものです。疲れやストレスを溜めずに、気持ち良く仕事できるパソコンを使うか否かはパフォーマンスに直結します。私の知り合いのデザイナーは、2年ごとに80万くらいのお金をかけてPower Macを買い替えていますが、それくらいパソコンへの投資は大切です。

会社員だと支給されたパソコンを使わなければならず、イライラしながら仕事をしている人もいますが、そういう人を見ると「会社員は損してるな」とすら思います。

Power Macが必要なデザイナーや動画のディレクターでなければ、高性能のデスクトップPCとモバイルノートPCを一度に揃えても、せいぜい30〜40万円です。趣味で使うのなら高い買いものですが、仕事への投資と考えれば大した金額ではありません。独立したころだと「仕事への投資」も躊躇してしまいがちですが、「お金をかけるべきところにかける」のもフリーランスや経営者には必要です。ぜひパソコンには思い切って投資しましょう。

広告を非表示にする