フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスは仕事がないときも、ウジウジ悩んではいけない。

仕事がなくて悩んでしまっているフリーランスが多いようなのですが、ただ「このまま仕事がなかったらどうしよう」と悩んでいるだけでは時間の無駄です。打開策を考えて動くなり、「いつか仕事が必ず来る」と割り切ってスキルを磨いたり遊んだりしているならいいのですが、なにもせずにウジウジ悩んでしまっている人がいるのです。

なんでもいいから目標を立ててみる

仕事がなくて時間を持て余しているなら、「今月は映画を100本観る」といった目標でもいいと思います。そんな時間を持てるのは、大学生以外だとフリーランスくらいですから、貴重な経験になると思います。アマゾンプライムに入れば、100本見てもお金はあんまりかからないと思いますし。

本当になんでもいいと思います。遊んでいるのが不安ということであれば、もっと仕事に直結するような時間の過ごし方でもいいでしょう。プログラミングを覚えるでも、プレゼンの練習をするでもなんでもいいので、なにか目標を設定すると、ただ悩んで時間が過ぎていくという無駄な時間を過ごさずにすみます。

目標を持って生活も規則正しく

どんなに仕事がなくても朝はちゃんと起きて、日中にしっかり活動するようにしましょう。引きこもりの人のように昼夜が逆転してしまったりすると、いざ仕事が来たときにパフォーマンスが落ちてしまいます。

規則正しい生活を送ることで、精神状態も正常に保ちやすくなります。ただでさえ仕事がなくて鬱気味になりそうなときに、生活を乱し、クヨクヨ悩んでいると精神的にやばくなります。そうなってしまうと、仕事の依頼が来てg人と会ったときに、相手が不安感を覚えるような雰囲気を醸し出すようになってしまいます。

目標を持って活動している人はハリがでる

毎日精一杯生きている人は、周りから見ても魅力的に感じます。仕事がなくても、そう感じてもらえるような自分を維持するのです。メリハリのある生活をし、清潔感のある服装や髪型を心がけ、毎日を一生懸命に生きる。そうすることで、ハリのある魅力的な人物になれるのです。

ぼんやりと悩んでいるのは時間の無駄であるだけでなく、精神的にも悪影響を及ぼします。そうなると、余計に仕事の依頼が来なくなります。負のスパイラルに入ってしまうと抜け出すのは大変です。仕事が途切れると不安になるかもしれませんが、そんなときもスキルを磨くなり、精一杯遊ぶなりして、充実感のある日々を過ごしましょう。