読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスは猫を飼おう。

先日、ひとりの時間が好きな人のほうがフリーランスに向いていると書きました。しかし、いくらひとりでいるのが苦にならない人でも、毎日自宅で仕事をしていれば気分が塞ぎ込んでくるかもしれません。

私のおすすめは、猫を飼うことです。フリーランスは猫を飼うといいと思います。実際に私も飼っています。もともとは妻が猫好きで飼うことになったのですが、フリーランスで仕事をしていると、猫がいることで癒されることが多々あります。

猫は手がかからない

犬と違って猫は散歩に連れ出す必要がありません。世話にかかる時間は本当に微々たるものです。忙しくて相手してやれないときも、寝ているか勝手にひとりで遊んでいます。

うちの猫は、日中は私の仕事机の端でいつも寝ています。私の仕事机は幅が160cmあるので、猫が寝ていても全然邪魔になりません。たまに甘えてきて膝の上に乗ってくることもありますが、それで仕事ができなくなるわけでもなく、撫でてあげながら仕事を進めることができます。

気晴らしに遊べる

仕事で疲れて脳を休ませたいときは、猫じゃらしを持ってきて猫と遊んでいます。仕事が行き詰まっているときでも、無邪気に猫じゃらしに飛びつく猫を見ていれば、気分も晴れやかになってきます。

また、猫の寝顔を見ながら仕事をするのもいいものです。気持ちよさそうな寝顔を見るだけで心が落ち着くし、ときおり変顔で笑わせてくれたりもします。

猫もフリーランスに飼ってもらえると幸せ

保護猫の譲渡会で猫を貰い受けたとき、保護猫団体の方々は、私が在宅ワーカーであることをすごく喜んでいました。普通の会社勤めの家庭と違って、猫がひとりぼっちになる時間が少ないからだそうです。

考えてみれば当たり前の話かもしれませんが、自宅で働く時間の長いフリーランスは猫の飼い主として適任なんですね。そんなこと全然考えたことがなかったので、そのときはちょっと驚きました。

そして、猫はかわいい

妻の希望で飼い始めた猫ですが、飼ってみると本当にかわいいものです。無邪気で甘えん坊で邪心のない猫との暮らしはいいものです。

当然、生き物を飼う責任は生じますが、猫を飼うことで得られる恩恵は非常に大きいです。そして、引き取り手がいなくて殺処分になってしまう猫もまだたくさんいるのが現状ですから、フリーランスの方はぜひ猫を飼いましょう。

広告を非表示にする