フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

高級オフィスチェア比較! フリーランスは奮発して椅子を買おう。

会社員と違い、フリーランスは身体を壊して休んでしまうと、誰も代わりに働いてくれません。身体のケアは最重要課題と言えます。私も一度ギックリ腰をやってしまい、そのときは座って仕事をするのが辛くてかなり苦労しました。

ギックリ腰をやってしまったのを機に、私は高級ワークチェアを導入しました。それなりの出費を覚悟しなくてはいけませんが、パソコンに向かって仕事をする時間の長いフリーランスなら、高級オフィスチェアの購入をおすすめします。

高級オフィスチェアは10万円以上しますが、10年以上使えるものですので、決してコストパフォーマンスの悪い買い物ではないと思います。フリーランスがお金を投資するべきものとして、パソコンと並び優先順位の高いものだと私は思っています。

オフィスチェアにもいろいろあり、購入を検討し始めると、なにを買っていいのか迷うと思います。私もインターネットで情報を収集したり、大塚家具に行って試座したりと購入までにかなり時間を使いました。

私がおすすめするオフィスチェアについて書いておきますので、ぜひ参考にしてください。

アーロンチェアハーマンミラー

最も有名なオフィスチェアで、名前を聞いたことがある人は多いと思います。実際に座ったことがある人は分かると思いますが、包まれるような座り心地は格別です。

自分の体型に合わせて細かな調整ができるも大きな特長です。後傾姿勢だけでなく、やや座面を前傾させてパソコンでの作業や手書き作業をしやすくする前傾チルトという機能が付いています。仕事に集中しているときに前傾姿勢をとる人には大変ありがたい機能です。

アーロンチェアは使う人が体型に合ったものを選べるように、A型、B型、C型の3種類を用意しています。日本人の女性ならA型、男性ならB型、男性でかなり大柄な人はC型を選ぶとよいでしょう。

アーロンチェアを販売元であるハーマンミラー社は、正規代理店で販売されたアーロンチェアに対して10年保証を付けています。通販なら、Amazonが正規代理店となっています。

アーロンチェアは中古品も多く出回っており、新品の半額程度で購入できますが、中古品には保証が付かないので要注意です。極端な話、6万円で中古のアーロンチェアを購入し、1ヶ月使っただけで壊れてしまっても保証が効きません。中古品を購入するときはその点に気を付け、状態をよく確かめてから購入するようにしましょう。

ミラチェア(ハーマンミラー

アーロンチェアと同じハーマンミラー社が販売するオフィスチェアです。アーロンチェアよりも価格が安く、背面がプラスチックっぽい素材でできています。

基本的にはワーロンチュアと同じように、体型に合わせた細かなカスタマイズができます。前傾チルト機能も付いています。

私が購入したのは、このミラチェアです。アーロンチェアではなく、ミラチェアを選んだのは、背面がアーロンチェアよりも大きくて快適だったからです。私は身長が182cmなので、アーロンチェアのB型では背面が小さく、かといってC型では座面が大きすぎました。ミラチェアは、背面も座面も私の体型にちょうど良かったのです。

また、ミラチェアの背面はメッシュ&アームですが、長時間座っているとこのアームが背中の骨に当って痛いというレビューも良く見られます。ミラチェアの背面素材ならその心配もないので安心できました。

ミラチェアも正規代理店で購入した場合、10年保証が付いています。Amazonでも10万円台前半くらいで購入できるので、年間1万円で使用できると考えるとコストパフォーマンスはいいのではないでしょうか。

コンテッサオカムラ

ハーマンミラー社の高級オフィスチェアに対抗するために、日本企業のオカムラ岡村製作所)が開発したのがコンテッサです。

アーロンチェアやミラチェアのように細かなカスタマイズが可能で、ハーマンミラー社のチェアにはないヘッドレストを付けることもできます。仕事に使うならヘッドレストの必要性は感じませんが、頭を預けて休憩することもできるようになります。

オカムラのチェアは、日本人の平均的な体型に合わせて設計されているようです。アーロンチェアのように体型別にサイズが用意せれておらず、ワンサイズのみ。先程も書いたように私は182cmあるので、コンテッサは少し小さく感じ、購入を見送りました。ただ、もし私が平均的な体型をしていたら、コンテッサか、次に紹介するバロンを購入していたかもしれません。

バロン(オカムラ

オカムラのオフィスチェアで、コンテッサよりもやや価格が安いのがバロン。コンテッサとの違いとしては、コンテッサにはスマートオペレーションという機能が付いていて、リクライニングや座面の高さの調整が簡単&スムーズにできます。

一方で、バロンチェアの長所としては、可動式の大型ヘッドレストが装着できます。コンテッサの大型ヘッドレストは固定式しかないので、角度等の調節はできません。

また、バロンチェアよりもコンテッサのほうがやや大ぶりのようです。コンテッサでも私には小さく感じましたが、バロンよりは大きいようです。

また、ネットの情報を見ると、バロンは使用していると軋むようになることが多いようです。私は実際に使っていないのでハッキリ断言はできませんが、音に敏感な人はバロンを避けておいたほうが良いかもしれません。

エルゴヒューマン プロ

見た目からして、いかにも機能盛りだくさんな感じのするチェアです。実際に充実した機能が付いているのですが、台湾のブランドということもあって、ハーマンミラーオカムラに比べると少し価格が抑えられています。

私は最初、このエルゴヒューマン プロの購入を考えていました。購入を見送ったのは、私の場合はハーマンミラー社のチェアのほうが、大塚家具で試座したときにしっくりきたのと、エルゴヒューマンアーロンチェアなどに比べて耐久性が劣るという情報が多かったからです。

まぁ、耐久性は使い方にもよるでしょうし、座ってみた感じがしっくりくるのであれば、エルゴヒューマン プロもおすすめです。


というように、定評のある高級オフィスチェアは、どれも価格が高いのです。しかし、私は購入して良かったと思っていますし、もっと早く購入しておけば良かったとすら思っています。常にベストコンディションでいたいという方は、ぜひ高級オフィスチェアを導入しましょう。