フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスやノマドワーカーにおすすめのパソコンは?

フリーランスとして独立する方は、必ずパソコンが必要になります。今回はフリーランスにおすすめのパソコンを紹介します。

基本はノートとデスクトップの2台持ち

フリーランスはパソコン1台あれば仕事ができますが、2台持っておくのが基本だと思います。昔に比べてパソコンの故障が少なくなったとはいえ、1台が故障しても仕事の進行が止まらないように保険をかけて2台持っておくべきです。カメラマンも同じカメラを2台持ってリスクヘッジしているように、フリーランスも2台のパソコンを持ちましょう。

DropboxやCopyでデータを共有しておけば、片方が壊れてもすぐに仕事を進められます。2台ともノートパソコン、またはデスクトップにするよりも、ノートパソコンとデスクトップの組み合わせで2台持ちするのがいいでしょう。私もノートパソコンとデスクトップの2台を所有していて、自宅で仕事をするときはデスクトップを使用しています。

パワーポイントで企画書などを作成するのは、圧倒的にデスクトップの大画面のほうがやりやすいです。私が使っているのは21インチのiMacですが、デスクトップはノートパソコンほど携帯性や堅牢性を求められないので、ある程度画面が大きければどのメーカーのパソコンを選んでも問題ありません。ただ、MacWindowsではキーボードの配置やショートカットキーが少し異なるので、ノートパソコンがMacならデスクトップもMacに、ノートパソコンがWindowsならデスクトップもWindowsにしたほうが使いやすいと思います。

そして、フリーランスのノートパソコンは軽量モデルを選択すべきです。打ち合わせに持って行ったり、自宅以外の場所で仕事したりするのに、重いパソコンを持っていくのはしんどいです。今は1kgくらいで高性能なパソコンがあります。そうした軽量モデルのディスプレイは11〜13インチ程度ですが、メールをしたり文章を書いたりするなら全く問題ありませんし、パワーポイントやイラストレーターなどのソフトも慣れればそれなりに使えます。自宅またはオフィスに20インチ以上のデスクトップパソコンを置き、ディスプレイが大きいほうが捗る作業は極力外出先でやらないようにすればいいのです。

おすすめのノートパソコンはこれ

ノートパソコンを持ち歩きながらバリバリ仕事している人は、以下の4つのいずれかを使用している人がほとんどです。

MacBookApple

f:id:frlife:20160328184058p:plain
以前はMacBook airMacを使う人が主流でしたが、現在はより軽量のMacBookが登場しています。12インチで本体重量が0.92kgしかないので、携帯性は抜群。デザイン的にも美しいノートパソコンです。アドビ製品などでデザイン作業や動画編集をする人は、同じMacでもMacBook Proを選択したほうが作業効率が上がりますが、メールやインターネット、Officeソフトを使うくらいの人でしたらMacBookが最適です。

Let’s notePanasonic

f:id:frlife:20160328183701j:plain
堅牢性や耐久性、バッテリーの長時間駆動に定評があります。広告代理店の営業職などの会社員も含めて、私の周りでも使っている人は非常に多いです。レッツノートにはRZ/MX/SZ/LXの4シリーズがありますが、おすすめはSZ。12.1インチで光学式ドライブを搭載しながら、重量が924gしかないというのは驚き。最近はCDやDVDを読み込むドライブを搭載したモバイルパソコンが減ってきているので、打ち合わせなどでCD-ROMやDVDを使う機会が多い人はこのモデルが最適です。ドコモのLTEに対応したSIMを差し込むと、Wi-Fiやモバイルルータに接続しなくてもインターネットにつながるのも便利です。ただ、Let’s noteは価格が高いのが難点です。

thinkPadLenovo

f:id:frlife:20160328183803j:plain
かつてはIBM製のブランドでしたが、現在は中国企業のLenovo製となりましたが、相変わらず人気があります。キーボードの真ん中にある赤ポチでカーソルを操作するのが特長。おすすめのモデルはthinkPad X1 Carbon。カーボンを使用することで、薄く軽くし、14インチで重量は1.18kg。外出時もできるだけ大きなディスプレイで作業したいという人は、このモデルを選びましょう。

VAIOSONY

f:id:frlife:20160328184138j:plain
上記3機種に比べて使用している人の数が少なめの印象がありますが、VAIOもそのデザイン性と軽さで人気があります。おすすめのモデルはVAIO S11。SIMフリーLTEでインターネットにつながるので、Let’s noteと同じように、いつでもネットをすぐに利用できる。VAIO独特のデザインはとてもスタイリッシュで、Windowsパソコンのなかでデザイン性にもっとも優れているのがVAIOと言えます。


以上の4つがフリーランスにおすすめのノートパソコンです。外出中でもインターネットをガシガシ使いたいなら、LTEを使えるモデルがいいと思います。MacWindowsにするかという問題は、イラストレーターやフォトショップなどのAdobe製品を使わないのならどちらでもいいと思います。Macのほうが文字(フォント)の表示がきれいだったり、設定や操作が簡単なので私は基本時にMacをおすすめしますが、Windowsとデータをやりとりすると、ファイル名が文字化けしたりします。

フリーランスMacを使っている人が多いのは、Let’s noteVAIOに比べて価格が安いのも理由のひとつだと思います。上でおすすめしているMacBookは15万円くらいしますが、MacBook airなら10万円くらいで買えます。できるだけ予算を抑えたいという人は、MacBook airの11.6インチにするのも手だと思います。

また、本当にお金がないというのであれば、ASUSのEeebookを選ぶという手もあります。2〜3万円代で購入できます。

f:id:frlife:20160328184411p:plain
メモリが2GB、HDD容量が32GBしかないので、これまでおすすめしたような最先端モデルに比べると見劣りしますが、それなりには快適に使えるはず。HDD容量の少なさは、超小型USBを常時接続して補いましょう。超小型USBは装着していても邪魔にならず、目立たないので便利です。


外では本当に稀にしかパソコンを使わないというのであれば、適当に安いノートパソコンを選んでも全然問題ないでしょうが、せっかくフリーランスになったのであれば、いつでもどこでもバリバリ仕事ができる環境を整えておきたいものです。

毎日使うもの、長い時間使うものにお金をかけると、日々の幸福度が上がるという話がありますが、パソコンはそれこそ毎日長い時間使うものです。私も毎日12時間はパソコンと向き合っています。快適に使えないパソコンではストレスが溜まる一方です。できれば15万円くらいの予算を確保し、快適に、そして長く使えるパソコンを購入しましょう。

プロは仕事道具にはお金を惜しまないものです。もし、あなたが依頼したカメラマンが、安い一眼レフの入門機を使っていたら、あなたは不安になりませんか? EOS kissで撮影している人に、大事な仕事を任せようと思いますか?(EOS kiss x7はとてもいいカメラだと思いますが)

高いお金を報酬としていただくプロフェッショナルであろうと思うのなら、自分が最高のパフォーマンスを出すためだけでなく、クライアントに安心してもらうためにも道具への投資は必要です。フリーランスのなかには、仕事道具は新製品が出るたびに買い換える人もいます。毎年新しいパソコンを買っているという人もいるのです。

パソコンへの投資は惜しまず、最も自分が欲しいと思えるモデルをぜひ購入してください。仕事へのモチベーションも上がるはずです。