読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスとして独立するタイミングはいつ?

独立のタイミングや適正

フリーランスとして独立したいけど、ふんぎりがつかない。そんな人も多いと思います。

フリーランスとして独立するなら、「十分なスキルや人脈を持ってからでないとダメ」と言う人がよくいます。しかし、「自分にはフリーとして生きていけるだけのスキルがある」「自分に豊富な人脈がある。独立すれば仕事を依頼する人が必ずいる」と自信を持って言い切れる人は、とても少ないと思います。結果、多くの人が独立に踏み切れない。

スキルや人脈はフリーランスになってから

僕を含め、周りのフリーランスの人を見ても、独立時に十分なスキルと人脈を持っていた人なんてほとんどいません。独立してからスキルを磨き、人脈を広げていく人が多い。

デザイナーにしろ、プログラマーにしろ、専門職は仕事がとても忙しい。会社に所属しているときは、毎日深夜まで仕事をしている。そうなると、社外の人脈を広げる時間なんてほとんどないはずです。

スキルについても、会社員時代にある程度活躍できるくらいでないと厳しいですが、会社で活躍していた人ほど独立してからも成功しているかと言われると、そうとは言い切れないもの。フリーランスになってから、やる気を出し、責任感が芽生え、めきめきと力を付ける人もいます。

そんなわけで、「自分には十分なスキルと人脈がある」と自信たっぷりに独立する人なんて皆無に等しいのです。

みんなどんなタイミングで独立しているのか

フリーランスになったのは、どんなタイミングで、そして、どうして独立したのか? 主に、2つのタイプがいます。

〈タイプ①〉成り行きで気付けばフリーランスになっていたタイプ

こういうケースは稀なように思われていますが、実は結構多いパターンです。僕もこのタイプに含まれます。

僕の場合は会社が潰れました。会社が嫌でしょうがなくて、先のことを考えずに辞めた人もいます。

どちらにしても、転職先を決めているわけでもないので、退職した日からやることがない。毎日ブラブラとしている。すると、声をかけてくれる人が現れるのです。会社員時代に一緒に仕事をしていた人などから、「暇なら仕事しない?」と依頼があり、その仕事をしているうちに別の人からも……といつの間にかフリーランスとして独立しているケースです。

このタイプで独立した人は、いい意味でも悪い意味でもガツガツしていないもの。「仕事ください!」と積極的に営業することもないし、「ギャラを少しでも釣り上げるぜ!」という金銭的欲求も少なめ。こういうタイプに好んで発注する人も確実にいます。

〈タイプ②〉とにかくやる気だけでフリーランスになったタイプ

もうひとつのタイプは、客観的に見たら「今独立して大丈夫?」と思えるようなスキル&状況なのに、とにかくやる気がMAXになっているから独立するタイプ。

このタイプの人は、とにかく営業を一生懸命やります。なんとか仕事を獲得し、食いっぱぐれずに続けていける。ガッツで生き残っているうちにスキルも向上し、フリーランスとして安定していくパターンです。

僕みたいなタイプからすると、この手のタイプの積極的に営業する姿勢は「すげーなー」と感心します。タイプ①の人たちが農耕民族型フリーランスだとすると、タイプ②の人々は狩猟型フリーランスと言えます。

独立するか悩んでいる人はどうすればいいか

悩んでいるなら、フリーランスとして独立してみればいいと思います。

リスクなんて本当に小さいもの。「フリーになって失敗したらどうしよう……」って悩む人も多いんですけど、リスクなんてそんなにありません。

僕は今、フリーランスとして広告制作業をしていますが、数年前から飲食店のオーナーもしています。飲食で独立する、つまり自分の店を持つというのはリスクが大きい。失敗したら何百万、ヘタしたら何千万も借金を背負う可能性があるからです。

専門職の人がフリーとして独立して、仮に失敗したとしても、1年後に何百万も借金を抱えてるなんてことは普通ありえません。悪くても貯金口座の残高がゼロになっているくらいです。

不安なら、せっせとお金を貯めてから独立すればいいと思います。1~2年くらい生活を切り詰めれば、1年間無収入でも生活できるくらいの蓄えはできるはずです。

フリーランスになって上手くいかなくても、またどこかの会社に就職すればいい。「あいつは独立して失敗した」と笑う人もいるかもしれませんが、そんなのは無視すればいいだけのことです。失敗したら恥ずかしい、なんていう気持ちは持たないようにしましょう。

フリーランスで働くと、やりがいや喜びがある

実際にフリーランスとして働いていくのは、どんな感じなのか?

僕の実感としては、会社員時代よりも、フリーになってからのほうがやりがいも責任感も格段に大きいです。

収入が不安定で、1年後自分に仕事があるという保証もない。でも、フリーになって数年も経てば、ほとんど不安なんて感じなくなります。それがいいことかどうかはわかりませんが、そういうものです。

基本的に、フリーランスになると自分のことを高く評価してくれている人からしか仕事がきません。つまり、一緒にチームを組んで仕事をするのは、みんな自分のことをかってくれている。そういう環境で仕事をしていくのはやっぱり楽しい。

嫌な仕事、嫌いな人の仕事は断ればいい。1ヶ月後に古本屋を副業で開業することだってできる。そういう自由がフリーランスにはあります。

会社員時代、僕はかなり鬱屈していました。いつも気分は晴れませんでした。会社から時間的に縛られ、その会社ならでは価値観を押し付けられるという状況に対するストレスを抱えていました。

もちろん、フリーになってからも仕事で嫌なことはあります。守ってくれる上司もいない。それでも、会社員時代よりも仕事へのモチベーションは高く保てています。仕事へのモチベーションは、その人が置かれている環境にも大きく影響を受けます。会社で働いていて仕事が楽しくない人も、フリーになったらやる気が溢れてしょうがなくなる可能性だってあります。

独立しないリスクは大きい

今の会社で、50代になっても働いている自分が想像できますか? 想像できて、そのイメージの中の自分が幸せそうなら、独立する必要なんて全然ないと思います。

でも、想像できない、もしくは不幸せそうな自分しか想像できないという人も多いはず。会社員として忠実に働いてきたのに、窓際扱いになってロクに仕事を振られず、なんだか居心地が悪そうにしている人を、僕は会社員時代に何人も見てきました。

ある程度の年齢になると、専門職であっても、自分で仕事をつくっていく力、プロデュースしていく力が必要不可欠になります。そうした力がないと、使い勝手のいい若手よりも会社に不必要な存在になりがちです。

こうした力は社員として仕事をしているだけだと、なかなか身につかないもの。社員は会社に与えられた仕事をすることが多いから、どうしても仕事に対して受け身になるし、自らいろいろと仕掛けていく自由を会社に許されていなかったりもする。

一方で、フリーになると、どんなプロジェクトに参加するのも自由だし、別事業を立ち上げたりもできる。僕はプランニングができるので、NPOを立ち上げる話など、本当にいろいろな誘いがきます。そういうものに参加していると、「新しい事業って、こういう感じで立ち上げるんだな」というのが肌感覚でわかってきます。

おじさん、おばさんになっても活躍できる人は、新しいビジネスをつくれる人。新しいビジネスをつくるのって、専門職の人は苦手なことが多い。せいぜい積極的にクライアントに自主提案するくらい。

それでは、これからの時代を楽しく生き抜けないと、僕は思っています。だから、ビジネスをプロデュースする力を磨こうと努力しています。フリーランスでなら、その力を磨くチャンスがたくさんあります。

それでも独立できないなら

独立したいんだけど、どうしてもできない。不安や家族の反対でできない。

そういう人もいると思います。それなら、もう、「フリーランスになりたいなー」とか「フリーランスになったら楽しいのかな?」とか一切考えないほうがいいと思います。

フリーランスで仕事をしていくにも、もちろんデメリットはあるし、会社員として生きていくほうが幸せな人もいる。たまたま僕は、フリーランスのほうが性に合っていただけかもしれない。

フリーランスとして生きる人にも、いろいろな生き方があるように、「会社員」「サラリーマン」といっても本当にいろいろな働き方、生き方がある。ストレスで鬱になっている人もいれば、自由に毎日超楽しくやっている人もいます。会社員として楽しく生きられる人生や、達成感のある人生を目指せばいいのではないでしょうか。

広告を非表示にする