読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスは必ずホームページをつくろう。

ホームページという言い方は正式には間違っているらしいですが、要は自分のWebサイトをつくっておきましょうという話です。「人脈でしか仕事は来ないから、ホームページなんてつくっても意味ない」と言う人もいますが、それは間違っています。

仕事がない時期は下手に動かないことも大切。

フリーランスになれば、仕事の切れ目で1ヶ月も暇になることだって珍しくありません。仕事がないのだから当然不安になります。しかし、焦る必要はありません。というか、焦ってはいけません。

フリーランスは名刺にこだわろう。

仕事でお会いする人とは、まずは名刺交換をすることが多いものです。会社員時代は会社支給の名刺を使うしかないのですが、フリーランスになると、どのような名刺を用意するかは自由です。

ギャラが安い、もしくは無報酬の仕事をフリーランスは引き受けるべきか?

「次は大きい仕事頼むからさ、今回は安く(タダで)やってくれない?」と、新規のクライアントや代理店から声がかかることがあります。友人から「今度飲食店をオープンするから、Webサイトやチラシを“お友達価格で”つくってほしい」と頼まれたりするケースも…

強烈な強みがなくても、フリーランスで生き残ることはできるか? サッカー選手を例に考えてみる。

よく勘違いしている人がいるのですが、なにか突き抜けた強みがないとフリーランスでは生き残れないと思っている人がいます。現実は違います。

フリーランスのギャラ交渉はどうするか?

独立したてだと悩むことのひとつに、ギャラ交渉があります。見積もりを出す際に、何時間も悩んでしまうという経験をする方もいるのではないでしょうか。

“マイナス評価を受ける行動”をやめて抜きん出る。

フリーランスになったとき、私はどうすれば売れっ子になれるのかを考えました。

個人のお店や小さな企業ばかりがクライアントだとつらい?

フリーランスとしてやっていくためには、どのようなクライアントを持つかということが重要です。広告業なら大企業をクライアントに持たないと収入が安定せず、精神的にも疲弊します。

フリーランスはどうやって仕事を獲得するか?

独立するにあたっての大きな不安は、「どうやって仕事を獲得するか?」「本当に自分に仕事の依頼が来るのか?」ということだと思います。仕事がなければ食べていけないのですから当然です。