フリーランスって実際どうなの?

フリーランスとして独立すること、働くことについて語るブログです。

フリーランスが郊外に自宅兼事務所を構えるのは考えもの。

これまでの記事でフリーランスは固定費を削るべきと散々言っていますが、だからと言って自宅兼事務所を郊外に構えるのはやめるべきです。

名刺の住所が郊外だと、どうしてもイメージがよくありません。湘南とかなら別ですが、普通のベッドタウンが名刺にかかれていると、「この人大丈夫かな?」と私も思います。

こういう言い方は良くないかもしれませんが、郊外に住んでいる人は「安いギャラで仕事をする人」というイメージがあります。安いギャラの仕事は獲得できるかもしれませんが、それではいつまで経っても精一杯働いて生活するのがやっとという状況からは抜け出せません。

デザイン事務所が青山とかに家賃がバカ高いところに事務所を借りるのは、それだけの効果があるからです。決して見栄ではありません。客(クライアント)から信頼を得て、しっかりとしたギャラを請求するには、事務所をどこに構えているのかも大切なのです。

私がおすすめしているのは、家賃を抑えつつ都心に自宅兼事務所を借りることです。家賃を抑えるためにはミニマリストになることが一番です。物を減らせば、自宅兼事務所が広くなくても大丈夫です。

子供がいるなどの理由でどうしても広い家に住みたい。そんな広い家は都心では借りられない、というのなら、郊外に家を借りて、仕事場を都心に構えるのをおすすめします。今は格安のシェアオフィスもありますし、知り合いの会社の一角に席を借りてもいいかもしれません。

シェアオフィスだと法人口座をつくりづらいそうですが、それは法人化するときに考えればいいことです。個人事業主になったばかりであれば、シャアオフィスで十分です。

収入に波のあるフリーランスは、固定費の支出を減らすことには神経を使うべきですが、仕事場だけは絶対に都心をおすすめします。都心に構えたほうが、絶対にコスパが高くなります。例えば、郊外か都心にワンルームを借りるのを検討していて、その差額が毎月3万あったとしても私なら都心に借りることをおすすめします。

月3万なら年間で36万。年間36万なら都心に借りたほうが多くのメリットが享受できます。打ち合わせへのアクセスも便利ですし、交通費も節約できる。それに、先に書いたように、ギャラもきちんと請求しやすくなります。

私は独立してから今で、山手線の駅か、山の手線の中にずっと自宅事務所を構えています。郊外ならもっと家賃を節約できたかもしれませんが、その差額分の家賃がもったいなかったと後悔したことは一度もありません。

フリーランスは仕事がないときも、ウジウジ悩んではいけない。

仕事がなくて悩んでしまっているフリーランスが多いようなのですが、ただ「このまま仕事がなかったらどうしよう」と悩んでいるだけでは時間の無駄です。打開策を考えて動くなり、「いつか仕事が必ず来る」と割り切ってスキルを磨いたり遊んだりしているならいいのですが、なにもせずにウジウジ悩んでしまっている人がいるのです。

続きを読む

異業種交流会に参加してはいけない。

知り合いのフリーランスのデザイナーに、異業種交流会に100回くらい参加したという強者がいます。彼いわく、「参加してもまったく意味がない」「意味がないというか、時間とお金の無駄」とのこと。

続きを読む

経理や確定申告が面倒なら、記帳代行に丸投げしてしまえばいい。

以前、友人が「俺は経理を自分でやるのが面倒だからフリーランスにはならない」と言っていて唖然としました。確かに経理作業は面倒ではありますが、それはフリーランスになるか否かを左右するほどの問題でありません。「経理が面倒だからフリーランスにはならない」と言っているのは、「スパイクを磨くのが面倒だからプロサッカー選手にはなりたくない」と言っているようなものです。

続きを読む

クラウドソーシング頼みで独立するのは危険。

フリーランスの強い味方になるという話だったクラウドソーシング。ランサーズなどが有名どころです。サイトを覗いてみるとフリーランスを募集中の仕事が多数掲載されています。

ただ、クラウドソーシングが世に出てきてだいぶ時間が経ちましたが、私はいまだにクラウドソーシングで収入を得ているというフリーランスに会ったことがありません。

続きを読む

収入を大口顧客に依存してはいけない。

フリーランスのなかには、収入のほとんどをひとつの顧客からの仕事で得ている人がいます。自分が元々所属していた代理店であったり、強いコネクションがある大企業だったり、さまざまなケースがありますが、いずれにせよ一社に依存する状態は非常に危険と言えます。

続きを読む

フリーランスは新規顧客を獲得し続けなければいけない。

顧客をしっかり確保した上で独立し、フリーランスになる人もいます。そういう人は一見、フリーランスとしての成功は間違いなしのように思えます。しかし、独立時に顧客を確保していたとしても、「新規顧客を獲得し続けていく力」がないと長年フリーランスとしてやっていくことはできないので、結局は独立時の顧客の有無は関係ないと思います。

続きを読む